2019年08月13日

アラビア語版第7巻 完成!!

8月6日前後して、エジプトで嬉しい動きがありました。

★第7巻の発刊です。副題は「地獄の底」。10巻出版まであと一息です。アラビア語第7巻表紙.jpg

★マーヒル先生の講演会の知らせ:テーマ「日本教育から学べる事
日本教育と平和教育―」講師マーヒル・エルシリビーニー
使用言語:アラビア語
時:今月22日午後7時~9時
場所:国際交流基金カイロ事務所
マーヒル先生講演会チラシ20190822.png

★原爆文学についてTV出演のマーヒル先生  
8月6日に放送されました。原爆投下時の貴重なフィルムも紹介されました。
約30分のインタビュー番組が動画で見られます。
マーヒル先生原爆文学を語る2.jpg

マーヒル先生原爆文学を語る1.jpg

マーヒル先生原爆文学を語る4.jpg
posted by プロジェクト・ゲン at 09:33| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年08月12日

原水爆禁止2019国際会議と世界大会に参加

「はだしのゲンをひろめる会」から派遣8/3~7日
ゲンのアラビア語版支援を呼びかける旅(報告: 坂東弘美)

【8/3】 広島市文化交流会館 3F 銀河ロビー
3日-4 広島国際センター廣瀬さんに寄贈.jpg
●アラビア語版1-5巻と中国語(繁体字)10巻を広島国際センターに寄贈
●宣伝用チラシA4  600枚と日本語と英語のスピーチ原稿200枚を並べました。

開会総会・全体会議

●議長団入場 21ヶ国、86名、37団体の海外からの参加。
3日-5 議長団.jpg
会議のテーマは「核兵器のない平和で公正な世界のために」。
2時 開会総会。海外代表の紹介。
地球上には14500発の核兵器。国連で核兵器禁止条約を採択させるために奮闘している
オーストリア、キューバ、メキシコ、ベネズエラは政府代表が参加していました。
●主催者挨拶。
オーストリア 欧州統合外務省公使、核兵器・IAEA・CTBTO・NPT課長 
ガルフオーファー氏挨拶。
3日-6オーストリア欧州統合外務省公使スピーチ.jpg
「わが国の憲法は核兵器を原子力とともに明確に禁止している。」
●被爆者挨拶
日本原水爆被害者団体協議会事務局次長。

【8/4】 全体会議

●米国とロシアの非政府組織・運動・キャンペーンの共同声明
3日-8 米国ロシアの非政府組織・運動・キャンペーンの共同声明.jpg
「我々はそれぞれの政府が近年行なってきた危険で容認できない核脅迫を非難する。ロシアの場合、クリミアの事例であり、アメリカの場合はイランと北朝鮮である。ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツの終末時計は零時2分前に設定された。」
議長、ユーモラスな進行。質疑応答もとても活発でフレンドリーな雰囲気でした。
みんなの発言から、気象問題と核廃絶は今や地球の最大危機であることをひしひしと感じました。
4日-6はだしのゲンをひろめる会スピーチ.jpg
「はだしのゲンをひろめる会とプロジェクト・ゲンから発言します」。
クルリと回って後ろの漫画を見てもらい、更に募金箱も高く掲げて、アラブ支援の呼びかけをしました。
議長が「はだしのゲンは強力なツールである」と、後を繋いでくれた。
広島の被爆者の方は、内部被爆は30年、50年、100年の単位でしか分からないという発言に声を失います。

午後、分科会。(3会場)
4日-8分科会記念写真.jpg
「核兵器廃絶へ共同と連帯の推進--反戦平和、原発、人権、暮らしなど運動とともに」に参加。
発言申請して、チェルノブイリがきっかけで、浅妻さんが「はだしのゲン」をロシア語に翻訳したこと、具体的に話しました。
中澤ミサヨさん宅へ報告に行く。募金箱を見せたら感動されました。

【8/5】 閉会総会

来年はNPT発効から50年。核保有が五大国のみに認められている不平等性を厳しく問う会議でした。
国連憲章の平和原則を遵守し対話と外交によって問題を解決することを強く要求する。
核兵器の非人道性を体験した日本は、アメリカの「核の傘」から離脱し、禁止条約を支持し、参加すべきである。
被爆者の平均年齢は82歳を超えた。
人間らしく生きようとするすべての人々とともに「核兵器のない平和で公正な世界」の実現のために力を尽くそう。

【8/6】 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式6日-6 合唱隊 吹奏楽隊.jpg
美しい合唱と厳かな吹奏楽をバックに雨の中でも厳粛な式典でした。
最後に「ひろしま平和の歌」。生徒の合唱だけでなく、参加者たちも歌っていたことこそ慰霊と思いました。
日本語、英語のアラビア応援チラシを平和公園内を歩きまわって配りました。

午後から世界大会。
グリーンアリーナフィナーレ.JPG
年々会の規模が小さくなっていて、今年の参加者は1300人と発表されました。
被爆者の代表も年々人数が減っています。条約の批准は急がねばならないです。
フィナーレは「ウィシャルオーバーカム」の全員合唱。


「広島愛の川」の大合唱を特等席で鑑賞。
6日-37合唱終了お疲れ様山本夫妻3.jpg
河原の小さな子が手話の歌を真似ていて、とても清々しい気持になりました。
今年で既に5年目の行事。毎年こんな行事が行なわれていることを天国の中沢啓治さんに伝えたら、どんなにか喜ばれることでしょう。
6日-15広島愛の川リハーサル ドームをバックに.jpg

6日-26広島愛の川合唱団2.jpg

6日-26広島愛の川合唱団1.jpg

6日-27広島愛の川合唱団3.jpg
世界へ羽ばたけゲン、広島の愛の川から!!
posted by プロジェクト・ゲン at 16:48| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年07月21日

「2019ピースディ」の行事が金沢で開かれました!

7月21日。晴天に恵まれ、金沢市の卯辰山玉兎ヶ丘「平和の子ら」銅像前で、反核・平和おりづる市民の集い「2019 ピースデイ」行事が100人ほどの参加者で賑やかに繰り広げられました。プロジェクト・ゲンでは西多喜代子代表が2018年からの活動報告をしました。司会者からも補足発言があり、7000円超の募金が寄せられました。
2019金沢ピースディ2s.jpg














10時。オープニングは力強い和太鼓の演奏が「平和の子ら」銅像前の広場に響きわたりました。続いて、石川県原爆被災者友の会の西本多美子会長の主催者挨拶。
来賓の挨拶と、寄せられたメッセージの紹介。 そして、この日のために、皆が心をこめて持ち寄った折りづるが献納され、1年間の平和活動の報告が行なわれました。

・生活協同組合、コープいしかわ 「ヒロシマ・ナガサキ平和のたび活動報告」

・NPO法人「はだしのゲンをひろめる会」の『はだしのゲン』アラビア語版応援キャンペーンについて、プロジェクト・ゲン西多喜代子代表による報告

・核戦争を防止する石川医師の会の報告

2019金沢ピースディ3s.jpg














・構成詩「ともに歩もう」の朗読を平和サークル むぎわらぼうし の皆さん。

・平和ミニコンサート でえげっさあ の皆さん。

平和の子ら①.jpg











アピール文を参加者全員の大きな拍手で採択をしてから

最後に石川県生活協同組合連合会の堀口亮一専務理事から閉会の挨拶があり、12時に無事終了しました。 

2019金沢ピースディ4s.jpg















 ***********************************

プロジェクト・ゲンの2018年からの活動報告

現在カイロ大学のマーヒルエルシルビーニー先生が、漫画「はだしのゲン」をアラビア語に翻訳し、今年6月までに10巻中6巻まで出版されています。マーヒル先生や出版社は全巻出版を目指していますが、漫画文化がまだまだ浸透していないため、出版社はかなり慎重になっています。マーヒル先生は日本の文化についてとても細かいところまで質問なさいます。中澤先生の奥様や、ほかの言語の翻訳者たちが知恵を出し合って答えてきました。プロジェクト・ゲンとしては画像の提供をしました。 

現在の世界情勢からみて、少しでも早くアラブ諸国の若者に核の恐ろしさや平和の大切さをゲンを通して伝えたいので、アラビア語版出版支援を始めました。

寄贈をするための資金を集める手段として、中澤先生の奥様の紹介により、Tシャツとトートバッグを作っていただき、それらを売って支援金を集めるプロジェクトを立ち上げました。今私たちが着ているTシャツとこのトートバッグです。赤、黄、緑、白の4色に加えて来月には黒いTシャツも作ります。これらの品を必要でない方は、寄付という形でご支援をお願いしています。

5月7日、広島で記者会見し、アラビア語版支援に取り組む活動を多くのメディアに取り上げていただきましたが、金沢ではあまり知られていません。金沢でも多くの人に知っていただけるよう、はだしのゲンをひろめる会共々努力しています。

アラビア語版全巻が早く出版されるよう、みなさまのご支援をお願いいたします。

***********************************

posted by プロジェクト・ゲン at 22:23| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年07月11日

朝日新聞 GLOBE July 2019 No. 219 にマーヒル先生が紹介されました!

原爆の恐ろしさ、知らぬ中東「はだしのゲン」で伝えたいもの
という見出しで1ページ全部にマーヒル先生の紹介が載りました。
世界に広まれゲン!現在7巻脱稿して出版社に入りましたが、
あとは資金次第でしょう。Tシャツをあらためて頑張って売り、応援したいですね。
マーヒル先生も頑張って!!

 朝日globe マーヒル先生.jpg

posted by プロジェクト・ゲン at 21:26| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年06月05日

朝日新聞広島県内版にアラビア語関連の記事が出ました!

  東郷隆 2019年6月5日03時00分


アラビア支援Tシャツ記事1のコピー.jpg漫画「はだしのゲン」のアラビア語版が現地での販売に苦戦しているとして、市民グループが資金援助を募っている。漫画の場面をあしらったTシャツを作り、売上金を元にアラブ諸国での普及につなげたい考えだ。
 市民グループは、翻訳者で作る「プロジェクト・ゲン」。漫画は同グループや海外の翻訳者らによって英語やロシア語、スペイン語、ブラジル語など24言語に翻訳され、全巻が出版されたのは10言語だという。
 アラビア語版は広島大で博士号を取得したカイロ大のマーヒル・エルシリビーニー教授(59)が訳し、2018年から今年6月までにエジプトの出版社が全10巻のうち6巻を刊行した。
 ログイン前の続きマーヒルさんによると、初めてゲンを読んだのは12年ごろ。被爆証言集を翻訳して出版していたが、文字だけでは何が起きたか想像することは難しかった。日本人の友人の薦めでゲンを読んで「とても分かりやすく原爆について描かれている」と驚き、翻訳を思い立った。
 アラビア支援Tシャツ記事2のコピー.jpgただ、マーヒルさんによるとアラブ圏で漫画といえば子ども向けのイメージが強く、原爆のような社会的テーマは題材としてなじみが薄いという。そうした背景もあってか販売は伸び悩み、未刊行の7~10巻をいつ出せるか、見通しにくい状況という。
 この苦境を原作者の故・中沢啓治さんの妻ミサヨさん(76)=埼玉県所沢市=が知った。「主人がゲンに込めた被爆者の怒りや悲しみを多くの国の人に届けたい」と、Tシャツを作り、売り上げで出版社を支援することを発案。昨夏、広島市の知人らに依頼し、漫画のコマなどをあしらったデザインのTシャツがこのほど完成した。
 アラビア支援Tシャツ記事3のコピー.jpg
Tシャツは1枚3500円で、収益が寄付に回る。刊行済みのうち1~5巻をできるだけ多く購入し、アラブ諸国の図書館や学校に寄贈するほか、購入による収益で、出版社に新刊の出版につなげてもらうという。
 マーヒルさんは「アラブは日本との距離も遠く、核兵器の恐ろしさを知らない人が多い。ゲンを通して恐ろしさを知り、もっと積極的に世界の国々と一緒に核兵器廃絶を呼びかけるようになって欲しい。平和を広げるため、ご協力をお願いしたい」と話している。
 Tシャツの問い合わせは広島市中区のディスクショップ「ミザリー」(水曜定休、082・241・0782)へ。(東郷隆)
posted by プロジェクト・ゲン at 14:59| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年06月03日

アラビア語版第6巻が出版!

 アラビア語版はだしのゲン第6巻小.jpg
 無事アラビア語版の第6巻が出版されました。第5巻までの表紙とちょっと違う印象です。
 サブタイトルは、No give up あきらめない、頭をさげない、やめないような意味で、いくら困難があっても頑張り続けるぞという意味とのことです。
posted by プロジェクト・ゲン at 05:49| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年05月27日

「はだしのゲン」の漫画3コマがドイツの教科書に使用されています

 「はだしのゲン 第2巻 麦はふまれるの巻」の図版がドイツの中高校生用歴史教科書に使用されました。
「ZEIT  FUR  GESCHICHTE」
第2巻の19ページの3コマが、原爆が落とされた一瞬の残酷さを伝えています。
ドイツ教科書表紙 .jpg
ドイツ教科書漫画挿入頁.jpg
原書としての「はだしのゲン」ドイツ語版が以下のように紹介されています。
************************************
原書名: はだしのゲン 第2巻 麦はふまれるの巻
原作者名: 中沢啓治
現地出版社名 Bildungshaus Sohulbuohverlage  GmbH
発効日: 2017年02月16日
初版部数: 25000部
本体価格: 28.95EUR
************************************
posted by プロジェクト・ゲン at 22:08| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年05月09日

アラビア語版支援Tシャツ 記者会見 

終了後の4人の記念撮影.jpg 
 5月7日午後1時から、広島市役所の市政記者クラブにて、「とどけアラブへ ヒロシマの少年ゲンのねがい」と題して記者会見をしました。メディアの方達数えたら16人ほど集まり、カメラやマイクに囲まれ、4人は緊張しましたが、皆、「アラビア語版の普及のためにTシャツを売って資金を得たいと、一生懸命説明しました。
メディア準備中.jpg 会見準備1.jpg
出席は
  • 中澤ミサヨ 『はだしのゲン』作者 故中沢啓治夫人
  • 坂東弘美  プロジェクト・ゲン代表西多喜代子 アラビア語版担当浅妻南海江代理 
  • 大小田伸二 TO FUTURE PRODUCTION 2005年から広島より、反核、反戦、平和を希求するメッセージを発信
  • 山内和也(旧姓/石川 和也) POWER DRUG   Tシャツデザイン者

1時間ほどで終了しましたが、熱心に質疑応答があり、Tシャツもアラビア語版の5巻もしっかり注目を集めました。

広島のTV民放4社がニュースとして7日、8日に報道

RCC1.jpgRcc4.jpgRCC2.jpgRcc3.jpgRcc9.jpg 広島ホームテレビ4.jpg

広島ホームテレビ2.jpg 広島ホームテレビ6.jpg

新聞社も中国新聞が8日朝刊で報道。まだこれから、順次記事が出るでしょう。


2019年5月8日中国新聞朝刊 ゲンTシャツ.jpg

posted by プロジェクト・ゲン at 17:24| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年05月04日

アラビア語出版支援のためのTシャツ販売開始!

 エジプトで「はだしのゲン」アラビア語版の翻訳と出版に奮闘している、カイロ大学のマーヒル先生を応援し、全10巻出版を目指し、アラビア語圏の人々に広く読んで貰うよう、大学や学校、公共の図書館などにも寄贈して、核の恐ろしさ、平和の大切さをゲンを通して知ってもらおうというプロジェクトです。受注生産なので、期限があります。ネットで注文できますので、皆さん、ゲンを応援してください。拡散大歓迎!

公式ツイッターは、
Tシャツの受注サイトに行くと、
こんな画面が現れますので、そこでクリッククリックで進んでください。
ゲンのTシャツ受注サイト画像.jpg

※本商品は受注生産となります。受注締切り後、生産→発送となりますので、発送までにお時間をいただきます。予めご了承下さい。

締切り 2019年5月17日(水)23:59までのご注文


posted by プロジェクト・ゲン at 15:58| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2019年04月25日

アブダビ国際ブックフェアー

  4月24日~4月30日まで、アブダビ国際ブックフェア(11H18)で、 『はだしのゲン(1~5巻)』のアラビア語翻訳版が展示中 。ゲンはアラブ諸国を走り回っています。
  アブダビ4.jpg  アブダビ1.jpg
posted by プロジェクト・ゲン at 08:55| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit