2019年06月05日

朝日新聞広島県内版にアラビア語関連の記事が出ました!

  東郷隆 2019年6月5日03時00分


アラビア支援Tシャツ記事1のコピー.jpg漫画「はだしのゲン」のアラビア語版が現地での販売に苦戦しているとして、市民グループが資金援助を募っている。漫画の場面をあしらったTシャツを作り、売上金を元にアラブ諸国での普及につなげたい考えだ。
 市民グループは、翻訳者で作る「プロジェクト・ゲン」。漫画は同グループや海外の翻訳者らによって英語やロシア語、スペイン語、ブラジル語など24言語に翻訳され、全巻が出版されたのは10言語だという。
 アラビア語版は広島大で博士号を取得したカイロ大のマーヒル・エルシリビーニー教授(59)が訳し、2018年から今年6月までにエジプトの出版社が全10巻のうち6巻を刊行した。
 ログイン前の続きマーヒルさんによると、初めてゲンを読んだのは12年ごろ。被爆証言集を翻訳して出版していたが、文字だけでは何が起きたか想像することは難しかった。日本人の友人の薦めでゲンを読んで「とても分かりやすく原爆について描かれている」と驚き、翻訳を思い立った。
 アラビア支援Tシャツ記事2のコピー.jpgただ、マーヒルさんによるとアラブ圏で漫画といえば子ども向けのイメージが強く、原爆のような社会的テーマは題材としてなじみが薄いという。そうした背景もあってか販売は伸び悩み、未刊行の7~10巻をいつ出せるか、見通しにくい状況という。
 この苦境を原作者の故・中沢啓治さんの妻ミサヨさん(76)=埼玉県所沢市=が知った。「主人がゲンに込めた被爆者の怒りや悲しみを多くの国の人に届けたい」と、Tシャツを作り、売り上げで出版社を支援することを発案。昨夏、広島市の知人らに依頼し、漫画のコマなどをあしらったデザインのTシャツがこのほど完成した。
 アラビア支援Tシャツ記事3のコピー.jpg
Tシャツは1枚3500円で、収益が寄付に回る。刊行済みのうち1~5巻をできるだけ多く購入し、アラブ諸国の図書館や学校に寄贈するほか、購入による収益で、出版社に新刊の出版につなげてもらうという。
 マーヒルさんは「アラブは日本との距離も遠く、核兵器の恐ろしさを知らない人が多い。ゲンを通して恐ろしさを知り、もっと積極的に世界の国々と一緒に核兵器廃絶を呼びかけるようになって欲しい。平和を広げるため、ご協力をお願いしたい」と話している。
 Tシャツの問い合わせは広島市中区のディスクショップ「ミザリー」(水曜定休、082・241・0782)へ。(東郷隆)
posted by プロジェクト・ゲン at 14:59| ゲンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit