2017年05月06日

カリニングラード第2中学校国際友好クラブ

 私たちは『はだしのゲン』を読み終えて話し合いました。このような本は必要なものでありよく理解することが出来ます。この本の絵や内容はゲンバクのさまざまな問題やその被害を伝えています。この本を読みながら恐怖に満ちた当時のゲンやその家族のみならず全ての人々の命のことを肌で感じました。
posted by プロジェクト・ゲン at 02:31| 読者からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit