2017年05月06日

タイ語版 はだしのゲン

Chatnakorn Ongkasing 10

05-thai.jpg
posted by プロジェクト・ゲン at 02:56| 英語・ロシア語以外のはだしのゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

スペイン語版 はだしのゲン

Emilio Gallego Zambrano

新規似出版 10

04-spain.jpg

posted by プロジェクト・ゲン at 02:56| 英語・ロシア語以外のはだしのゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

朝鮮語版 はだしのゲン

金松伊 10

gen03.jpg
posted by プロジェクト・ゲン at 02:53| 英語・ロシア語以外のはだしのゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

For orders of“Barefoot Gen” in English

English 121.jpg 

Please write your postal code, address, name, telephone number, e-mail address, and the number of sets you would like to buy.
The books are sold in sets of ten volumes each, at 14,000 yen per set.
When the books are delivered, you will find a postal transfer form attached
that will explain how much you should pay.

Project Gen
The volunteer group translating and editing the manga/graphic novel

"Barefoot Gen" by Keiji Nakazawa   
c/o Kiyoko Nishita

14-13 Shiragiku-cho, Kanazawa City, Japan 921-8024

E-mail:projectgenkanazawa@gmail.com

Phone & Fax: 076-241-1800  (+81-76-241-1800 from overseas)
posted by プロジェクト・ゲン at 02:38| 本の注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

Как заказать книги "БОСОНОГИЙ ГЭН" на английском и

Rusian02.jpg

Как заказать книги "БОСОНОГИЙ ГЭН" на английском и

русском языках

Пожалуйста, сообщите нам почтовый индекс, адрес, имя, номер телефона, адрес электронной почты и количество комплектов, которые вы

хотели бы купить.

Книги продаются в наборах по 10 томов каждый, по 14 000 иен за комплект.

Когда книги будут доставлены, вы найдете почтовый перевод

для оплаты заказанного комплекта книг.

Добровольная группа по переводу и редактированию

комикса "Босоногий Гэн" Кэйдзи Накадзавы

                 Проект Гэн

14-13Сирагику чё, Канадзаваси,  921-8112

Киёко Нисита

E-mail projectgenkanazawa@gmail.com

Phone & Faxnumber: 076-241-1800

             : 81-76-241-1800 (из-за рубежа)
posted by プロジェクト・ゲン at 02:37| 本の注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

オーリャ 21歳 クラスノヤルスク市

 『はだしのゲン』は私にとって中沢啓治の初めての作品です。このマンガには多分日本の最も苦しかった時代が明確に描かれていると思います。
 この作品を読み終えると広島と長崎に落とされた原始爆弾の恐ろしさがよりしっかりと意識されます。
 作者はおろかな考えや天皇や神に盲従することがいかに罪のない人々を苦しめるか、ということを示したかったのだと思います。 何よりも苦しんだのはゲンの家族に代表されるような平凡な、温和な人々です。これはただ肉体的な損傷というだけでなく、肉親を失った人々の心の中に生涯癒えることのない傷をも残しました。絵と言葉で作者は自分の子供のころの体験を伝えています。主人公と同様、作者は当時の限りない恐怖の中を生き抜きました。
 人々がいかに変わるかということにショックを受け、恐怖を感じます。彼らは野獣になります。
 爆弾は単に彼らの家を破壊したのみならず、やさしさや同情や思いやり、そしてあたたかい心を殺し、野獣の本能だけを残しました。しかしゲンと家族は優しい心を失いませんでした。
 それゆえ腕白少年が私たちの心をひきつけるのかも知れません。
 悲劇から多くの時が流れました。しかし中沢啓治さんのような人々は当時の限りない恐怖を次々と新しい世代に語ることでしょう。『はだしのゲン』はさらに多くの読者を得ることでしょう。
posted by プロジェクト・ゲン at 02:32| 読者からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

イーゴリ  31歳、クラスノヤルスク市

 私にとって『はだしのゲン』は普通の本ではありません。というのは、白血病を患っている広島の僕の友達からこの本の3巻までが送られてきたのですから。
 私はいつもこの友達のことを考えていました。ですから絵の中の主人公の苦しみを痛切に感じながらこの本を読みました。私はこの本に描かれている出来事が距離を越え、時間を越えて身近に感じられました。
 私は二度広島を訪れ、二度平和公園に行きました。町の外観はすっかり変わったものの、私には56年前のこの地での地獄を想像し、友達の顔を思い出ださせるそのはだしの少年に思いをはせることは難しいことではありませんでした。
posted by プロジェクト・ゲン at 02:32| 読者からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

ユガ・ザーパド劇場  ベリャコービッチ・ヴァレーリィ

すばらしい本です。時宜をえており、分かりやすいです。団員達は喜んで読みました。
posted by プロジェクト・ゲン at 02:31| 読者からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

カリニングラード第2中学校国際友好クラブ

 私たちは『はだしのゲン』を読み終えて話し合いました。このような本は必要なものでありよく理解することが出来ます。この本の絵や内容はゲンバクのさまざまな問題やその被害を伝えています。この本を読みながら恐怖に満ちた当時のゲンやその家族のみならず全ての人々の命のことを肌で感じました。
posted by プロジェクト・ゲン at 02:31| 読者からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

社会組織チェルノブイリ<同郷人>

 本は大変興味深く、特に若い世代には教訓的です。まんがを通じて作者は日本の人達の恐ろしい悲劇、即ち広島の原爆投下について物語っています。
 この恐ろしい悲劇はまんがのページの上に移されました。若い人達はもう無味乾燥な歴史の教科書からではなく、目撃者の記憶で描かれた絵からおぞましい日々を見、そして肌で理解しました。チェルノブイリと広島 ― 全人類の歴史の恐ろしい教訓です。
 このような悲劇を決して繰返してはなりません。私達読者はこのように思っています。

ウクライナ キエフ 02225 
マヤコフスキー通り 7-B
TEL 534-43-32
代表者 クラシツカヤ タマーラ
posted by プロジェクト・ゲン at 02:31| 読者からの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit